2月28日の相場分析

■ ユーロドル 1時間足 ■

2月28日ユーロドル

長く続いたレンジ上限を上抜けキリ番に到達後反転下落。レンジ上限に戻りレジサポ転換となり再び上昇し直近高値まで到達後反転下落しWトップの形となる。現在レンジ上限付近でもみ合いになっているがレンジ上限からの上昇させる勢力はないと考えると今後は上昇するか下落するかは分かりにくい。欧州時間での動きを見てから判断。

 

■ ドル円 1時間足 ■

2月28日ドル円

堅調な1時間下落トレンドが日足MAに到達して反転そのまま強い上昇になり4時間の上昇トレンドに回帰となる。再び111円付近で推移している。目線は上だが111円を到達しているのと押し目買いの明確なポイントが付近にない。売りの形になれば短期の押しの下落の一部を取った方がやりやすいかもしれない。