2月18日の相場分析

■ ユーロドル 1時間足 ■

2月18日ユーロドル

形は汚いが一応4時間レベルの下落の波を作って終了。1時間足ではトレンドレス。安値を更新後急激に戻しているのでやはり下は固いことが分かる。反転上昇の波を狙うにしても長いスパンで見ないで短期足レベルのエントリーをすると損切りを連発する可能性があるので、上下どちらにしてもきれいな形になるまでは様子見。

 

■ ドル円 1時間足 ■

2月18日ドル円

木曜日の下落が金曜日も続き4時間戻り高値到達。その後もみ合い一旦上昇しかけるも4時間MAで上昇を止められる。一応4時間足レベルでは反転上昇の初動と捉える事もできるような形になっている。とりあえず上目線に切り替え買い場を探る。